沿革

昭和2年~昭和40年

昭和
2年 9月 岩見沢町7条西4丁目に岩見沢町立病院として開設、病床56床
町立病院付属看護婦養成所設置
5年 6月 眼科増設
18年 4月 市制施行に伴い、岩見沢市立病院と称する
25年 1月 小児科増設
8月 南病棟落成、病床149床となる
27年 12月 皮膚泌尿器科増設、人間ドック開設
28年 8月 結核病棟落成、病床229床となる
10月 志文診療所開設
29年 10月 新病院落成(9条西7丁目)、鉄筋ブロック建地下1階地上3階延3,188坪(10,289m2)、病床252床となる
30年 4月 基準給食実施
5月 付属准看護婦養成所設置
32年 9月 総合病院認可、岩見沢市立総合病院に改称する
35年 6月 精神神経科増設(結核病棟を本館に移転し、精神病棟に転用改造(65床)253床となる)
36年 8月 看護婦寄宿舎落成958m2 24室64名収容
市立隔離病舎落成し業務委託、572m224床
11月 整形外科増設
12月 精神神経科病棟落成(50床)、303床となる
37年 7月 基準看護実施
38年 5月 基準寝具実施
40年 6月 新館落成、病床100床増設403床となる

 

​​

昭和41年~昭和64年

昭和
41年 10月 付属准看護婦養成所新築落成(定員1学年20名)
11月 消防法第2条第9項に基づき救急病院に指定
42年 4月 付属准看護婦養成所の名称を付属准看護学院と改称
44年 4月 麻酔科増設
10月 放射線科室増設(X線テレビ設置)
45年 4月 人工腎臓透析開設
10月 臨床検査科室増築
精神神経科病棟改築落成 鉄筋3階建 延3,291m2
47年 7月 結核病棟改築落成(旧精神科病棟)本館3階から移転、病床70床(6床減となる)
10月 本館病室等改造、一般病床30床増設、総病床427床(一般242床・結核70床・精神115床)となる、外に隔離24床
48年 6月 結核病棟増築工事竣工
49年 2月 運動療法基準実施
51年 4月 市立高等看護学院開校
11月 人工透析棟増築落成、鉄筋コンクリート一部2階建600m2
52年 3月 付属准看護学院移転(市立高等看護学院内1階)
8月 基準寝具・病衣貸与実施承認適用、院内に病院改築対策委員会発足
9月 開院50周年記念式典挙行
53年 3月 付属准看護学院閉校
12月 消防設備(スプリンクラー)整備
54年 4月 精神科作業療法施設基準承認適用
55年 3月 市立高等看護学院専修学校の設置認可
56年 7月 重症者の看護及び収容基準の承認適用
12月 病院改築工事着工(4期5カ年計画)
57年 4月 第1期工事エネルギー棟竣工、鉄筋コンクリート造地下1階地上2階
7月 南空知地域センター病院に指定される
59年 3月 第2期工事と新病棟落成、鉄骨鉄筋コンクリート造地下1階地上6階塔屋2階となる
4月 中央材料室設置
9月 放射性同位元素使用許可承認
12月 市立隔離病棟全面改築落成(8床減とし16床となる)、鉄筋コンクリート造平屋建374m2
60年 3月 第3期工事新診療管理棟落成、鉄骨鉄筋コンクリート造地下1階地上2階建5,209.1m2
4月 運動療法等施設基準(自己腹膜灌流指導管理施設)承認
脳神経外科・皮膚科増設
10月 第4期工事駐車場及び外溝・地下通路車路工事並びに車庫(59.4m2
61年 3月 医師住宅1棟8戸延440m2建設
64年 1月 精神科デイケア(大規模)の施設基準の承認

 

​​

平成元年~

平成
2年 3月 看護婦宿舎建設24戸、鉄筋コンクリート造地下1階地上4階 1,275,352m2
4年 4月 結核病棟廃止(病床20戸)
6年 5月 形成外科増設
7年 4月 志文診療所閉所
8年 4月 市民健康センター開設準備室設置
9年 2月 災害拠点病院の指定
3月 高等看護学院校舎改修
4月 高等看護学院建設準備室設置
9月 開院70周年記念祭挙行
10年 4月 市民健康センター開設(市民健康センター開設準備室廃止)
市立高等看護学院定員増認可(1学年定数25名→40名)
11年 3月 高等看護学院新校舎落成、敷地5,980m2鉄筋コンクリート3階建2,748m2
4月 高等看護学院建設準備室廃止
隔離病舎廃止(伝染病舎16床減)
第2種感染症指定医療機関に指定(感染症病床4床指定)
12年 10月 精神障害者応急入院指定病院に指定
13年 9月 地域周産期母子医療センターに認定
15年 4月 人工透析センター建設準備室設置
10月 単独型臨床研修病院に指定(現:基幹型臨床研修病院)
16年 5月 自治体立優良病院 会長表彰受賞
17年 5月 自治体立優良病院 総務大臣表彰受賞
12月 新棟落成(血液浄化センター・メンタルヘルス「精神神経科」・救急外来)
18年 4月 人工透析センター建設準備室廃止
19年 7月 助産師外来開設
23年 12月 オーダリングシステム稼動開始
25年 4月 消化器内科増設
8月 内視鏡・腹腔鏡・顕微鏡外科研修センター開設
26年 3月 災害医療派遣チーム北海道DMAT指定病院に認定
27年 3月 院内保育園開設
29年 10月 電子カルテシステム稼動開始
30年 4月 DPC対象病院に認定

 

​​