病院指標
    

平成29年度 岩見沢市立総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 588 95 102 171 273 474 1201 1728 1389 320
当院へ来院される患者様の約70%が60歳以上と、地域の高齢化社会に伴って増えています。また、南空知医療圏の各病院から紹介され来院される患者様も多く見られます。10歳未満の患者様の約25%は紹介有の患者様で、小児科二次救急病院としての機能も有しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
当院は、平成30年4月1日よりDPC対象病院となりました。平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)の診断群分類別患者数等についての集計が困難な為、指標は掲載しておりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 27 12 20 43 17 13 1 7
大腸癌 21 33 32 49 22 20 1 7
乳癌 - 14 15 - 17 - 1 7
肺癌 - - 28 55 - 39 1 7
肝癌 - - - - 24 - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、消化器系や呼吸器系のがん患者様が多く見られ、当院で診断後、他院にて治療・他院で診断後、当院で治療を行うなど他医療機関との連携を図り治療を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 47 13.06 78.32
重症 26 22.08 86.77
超重症 18 18.67 82.11
不明 - - -
肺炎を罹患した患者様の年齢が高いほど重症度が高く、在院日数が長くなる傾向が見られています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 104 34.71 74.83 52.63
その他 10 361.00 74.20 5.26
当院は急性期病院のため、脳梗塞を罹患された患者様は当院での治療後、QOL向上のため、他院にてリハビリ治療を受けるため、転院されている事が多く見られます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K549 経皮的冠動脈ステント留置術 117 2.88 7.27 0.85 68.40
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 26 2.54 4.38 6.45 74.46
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 16 3.00 11.44 12.50 80.63
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K611 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置 - - - - -
当院の内科では、心筋梗塞や狭心症に対する冠動脈ステント留置術が多く行われ、他院からの緊急依頼なども受け付けています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 205 1.39 1.33 0.48 69.43
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 102 3.16 16.46 6.48 78.46
K687 内視鏡的乳頭切開術 59 2.29 11.34 10.00 75.88
K654 内視鏡的消化管止血術 38 0.92 15.24 6.98 72.16
K685 内視鏡的胆道結石除去術 23 1.48 8.13 8.33 76.57
当院の消化器内科では、大腸ポリープや胆嚢・胆管結石に対する治療が多数を占めており、主に内視鏡を用いての手術を行っております。 また、胆道ステントや乳頭切開術・消化管止血術などは他院からの緊急依頼も多く行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 14 0.00 7.21 0.00 0.00
K300 鼓膜切開術 - - - - -
当院の小児科では、院内出生児や他院にて出生された児に対する仮死蘇生術等を主に行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 199 1.85 1.94 4.02 68.63
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 76 7.12 5.89 1.32 66.86
K633 ヘルニア手術 60 1.85 3.90 1.67 66.53
K610-3 内シャント設置術 31 8.10 22.26 0.00 68.23
K719 結腸切除術 30 9.80 26.63 16.67 73.10
当院の外科では、透析患者様に対する「シャント拡張術・血栓除去術」を多く行っており、当院へ通院されている患者様のみではなく、他院からの依頼も受けています。また、胆嚢炎や虫垂炎に対する、腹腔鏡下手術も多く行っており、患者様への負担を軽減し、在院日数の短縮など、患者様のQOLの向上に努めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K046 骨折観血的手術 57 4.91 26.98 44.07 69.63
K048 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 25 1.32 2.48 0.00 56.00
K0821 人工関節置換術(股) 21 3.76 30.38 23.81 69.48
K0811 人工骨頭挿入術(股) 19 6.84 32.11 57.89 75.89
K073 関節内骨折観血的手術 11 4.27 25.64 9.09 59.36
当院の整形外科では骨折に対する手術治療が多く占めており、患者様の年齢が上がるほど、他院への転院率が高くなっております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K898 帝王切開術 53 6.08 6.77 0.00 32.08
K877 子宮全摘術 18 2.44 7.94 5.56 58.67
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) 17 1.00 0.00 0.00 33.59
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) 16 1.63 7.69 0.00 49.69
K879 子宮悪性腫瘍手術 14 3.00 19.36 0.00 57.36
当院の産婦人科では、常勤医師は1名ですが、出産を始め子宮疾患などの手術にも対応しております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 23 1.74 7.48 0.00 21.74
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 14 1.14 6.86 0.00 59.36
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 10 0.60 2.40 0.00 17.50
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 10 1.90 2.40 0.00 74.60
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
当院の耳鼻咽喉科では小さいお子様から高齢の患者様まで幅広く手術治療を行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K282 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合) 467 0.17 2.29 0.21 77.44
K280 硝子体茎顕微鏡下離断術 112 0.31 6.35 0.00 69.23
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
K268 緑内障手術 - - - - -
K204 涙嚢鼻腔吻合術 - - - - -
当院の眼科では、白内障に対する手術を数多く行っており、眼科へ他院から紹介受診される患者様の割合が約40%となっており、他院から白内障に対する手術依頼を受け、手術後は他院へ通院されるなど、他医療機関との連携を図っております。白内障の対する手術の平均日数は約3日となっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K803 膀胱悪性腫瘍手術 84 3.54 8.74 2.35 76.13
K781 経尿道的尿路結石除去術 71 1.76 3.94 4.17 60.46
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 54 0.19 4.20 1.61 67.37
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 15 2.07 9.60 0.00 70.60
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 14 3.64 8.71 0.00 71.43
当院の泌尿器科では、前立腺癌や膀胱癌に対する検査入院や手術入院が多く行われています。その中でも、患者様の負担が少なくすむダヴィンチ手術も行っています。また、膀胱結石や水腎症に対する治療も多く行っており、他院からの緊急依頼などにも対応しています、
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K177 脳動脈瘤頸部クリッピング 14 6.50 35.21 35.71 67.93
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 13 3.77 26.08 35.71 86.38
K164 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
当院の脳神経外科では、脳梗塞や脳出血の後遺症が残らないよう他医療機関と連携を図り、リハビリ転院などを多く行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 16 0.25
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 34 0.54
異なる - -
当院における感染症や治療後の合併症に対して、院内感染対策委員会などを設置し、院内における感染の発生率軽減できるよう努めています。
更新履歴
2018/09/25