新病院建設

 岩見沢市立総合病院は、昭和2(1927)年の開設以来、南空知医療圏における地域センター病院として、高度医療や救急医療、小児・周産期医療等を担い、岩見沢市民のみならず南空知圏域の住民の健康を守る安心・安全な医療の提供に努めてきました。しかし、本館は建築から35年以上が経過し、経年による建物・設備の老朽化・狭あい化に加え、快適な療養環境の確保やサービス機能の低下、駐車スペースの不足などさまざまな課題を抱えており、高度化・多様化する医療ニーズや医療技術の進歩、安全管理、業務効率の向上など、さまざまな面で求められる医療サービスに現在の施設・設備で対応することが極めて困難になってきています。

 

 今後も将来にわたって地域住民に信頼される病院として、安全で質の高い医療を持続的に提供していくため、新たな病院の整備に向けた検討を進めています。

 

 

このページの情報に関するお問い合わせ先

事務部 新病院建設準備室

〒068-8555 岩見沢市9条西7丁目2番地

TEL:0126-22-1650(内線1270・1262) FAX:0126-25-0886