血液浄化センター
血液浄化センター概要

当病院では外科が透析療法を中心とした血液浄化療法を担当しています。
腎不全外来を設けておりますが、腎不全外来のない時間帯でも外科外来で腎不全患者を受け入れるように心がけております。
2009年9月からは稲垣尚人医師を中心として血液浄化センターを維持しております。
周囲医療施設の縮小や廃院、透析患者の増加などに伴って透析患者はここ数年で2倍に急増しています。現在では250名以上の患者が透析治療を受けています。2005年に開設した新棟の血液浄化センターも既に満杯の状態になってきておりますが、スタッフ一丸となって治療に従事しています。
透析患者急増に伴い内シャントトラブルも多くなっていますが、PTA(経皮的血管形成術)を中心とした丁寧な治療で対応しており、周辺の施設からも内シャントトラブルに対する治療を依頼されています。
また様々の血液浄化法(高脂血症治療・劇症肝炎・薬物中毒などの治療)も行っております。敗血症を含む多臓器不全に対しても積極的に血液浄化を行う事が多く、 周辺病院で発生した多臓器不全の患者さんも広く受け入れております。他に腹膜透析についても積極的に取り組んでおります。

日本透析医学会 認定施設
 

医師紹介
稲垣 尚人
役職

医師

専門分野

血液透析

​​